東京時間では107円台後半まで押し戻されたドル円は再び108円台に乗せ、108円18銭までドル高に。ユーロドルは続落。ドイツのCPIが低調だったことからユーロ売りが強まり、1.0885までユーロ安が進む。株式市場は揃って反発。米政府高官が中国企業の米国での上場廃止を巡る報道を否定したことが好感された。ダウは3日ぶりとなる96ドル高で引ける。債券相場は続伸。長期金利は小幅に低下し1.66%台に。金は33ドル安と大幅に下落。ドルが買われたことが背景だが節目の1500ドルを大きく割り込む。原油は続落。

9月シカゴ購買部協会景気指数   → 47.1

ドル/円 107.93 ~ 108.18

ユーロ/ドル 1.0885 ~ 1.0914
 
ユーロ/円 117.54 ~ 117.95

NYダウ  +96.58 → 26,916.83ドル

GOLD   -33.50  → 1,472.90ドル

WTI  -1.84  → 54.07ドル

米10年国債  -0.016  → 1.665%

【本日の注目イベント】

豪   豪8月住宅建設許可件数
豪   RBA、キャッシュターゲット
日   8月失業率
日   7-9月期日銀短観
独   独9月サービス業PMI(改定値)
欧   ユーロ圏9月製造業PMI(改定値)
欧   ユーロ圏9月消費者物価指数(速報値)
米   9月ISM製造業景況指数
米   9月自動車販売台数
米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演
米   ボウマン・FRB理事講演 

 ドル円は、昨日の東京時間では上値が重く107円台後半で推移していましたが、NY市場では再び108円台に乗せ、先週末と同じ水準となる108円18銭までドル高が進みました。今回も、震源地はユーロドルです。ドイツの9月CPIが市場予想を下回ったことで、ECBが追加の緩和に動くとの見立てから「ユーロ売り・ドル買い」が強まり、ユーロドルは2017年5月以来となる1.0885までユーロ安が進みました。この動きがドル円にも波及し、「ドル買い・円売り」が優勢となったと見られます。

 ドラギECB総裁はFTとのインタビューで、「金利や資産買い入れ、フォワードガイダンスまで全ての措置を調整する用意がる」と強調し、現在の金融緩和は「財政政策からの支援がなければ、長期にわたり続く可能性がある」(ブルームバーグ)と述べ、政府による財政出動が必要との認識を示し、この取り組みを財政出動で支援するようユーロ圏加盟国にあらためて呼びかけています。ただ、ドラギ総裁は今月末で任期を終えるため、加盟国に対してどこまで影響力が及ぶかは不透明です。ドラギ氏が議長を勤める最後の理事会は今月24日に開催されます。

 香港の民主化運動が再び強まる中、中国は本日建国70周年を迎え、軍事パレードや習近平主席の演説が予定されています。習主席は前日、国家としての団結を強調し、香港と中国本土の関係は改善すると表明しましたが、香港でのデモはさらに激化している模様で、本日の演説も注目されます。金融市場への影響は今のところほとんどありませんが、トランプ大統領に対する弾劾調査は静かに進行しているようです。大統領弾劾を調査する下院情報特別委員会は、トランプ氏の個人弁護士である、ジュリアーニ元NY市長に対し召喚状を送付し、今月15日までに資料の提出を求めています。また、疑惑の焦点であるウクライナ大統領との電話会談には、ポンペオ国務長官も参加していたとWSJ紙が報じています。こちらも今後の成り行きを注目したいと思います。

 最後は「BREXIT」です。今月末で期限の来るEUからの離脱を巡り、ジョンソン英首相は、最終的なEU離脱プランの詳細を24時間以内にEU首脳に提示する見通しだと、英紙テレグラフが報じたようです。合意なき離脱も辞さないとするジョンソン首相はEUからの同意も得られず、議会でも不利な立場にいます。残された時間が限られる中、どのような案を提示するのか、見ものです。

 今朝の日経朝刊1面に「GPIF、外債投資拡大へ」と見出しがあります。世界最大規模の運用資金を誇るGPIF(年金積立管理運用独立行政法人)が外債に振り向ける資金を増やすということは「ドル高要因」です。ただ記事では、国内債券の運用比率が低下していることから、外債を購入し、それにヘッジをかけることで「国内債扱い」にすれば、その運用枠を使えるというもののようです。米国債であれば、円でドルを買い、そのドルで米国債を購入することになりますが、同時に先物でドルを売り、ヘッジすることで為替差損を避けるという手法です。従って、為替市場に与える影響はニュートラルです。先物でヘッジと言っても、実際には直物(スポット)でドルを売り、その後に「Buy and Sell」のスワップを組むことになります。厳密に言えば、金利部分も含めてヘッジをかけるのであれば、むしろ「ドル安要因」になると言えます。

 本日のドル円は108円台を維持出来るのかどうかという点に注目です。先週金曜日から108円台前半は3度示現しています。滞留時間は短いですが、108円台前半でのドル売り予約を終えていれば、もう一段のドル高水準を狙いたくなるのが、人情です。ドル売り注文が少ないようだと、108円台を維持しながら推移することもないとは言えません。本日の予想は107円70銭~108円40銭といったところでしょうか。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)