東京時間では107円台後半まで押し戻されたドル円は再び108円台に乗せ、108円18銭までドル高に。ユーロドルは続落。ドイツのCPIが低調だったことからユーロ売りが強まり、1.0885までユーロ安が進む。株式市場は揃って反発。米政府高官が中国企業の米国での上場廃止を巡る報道を否定したことが好感された。ダウは3日ぶりとなる96ドル高で引ける。債券相場は続伸。長期金利は小幅に低下し1.66%台に。金は33ドル安と・・・・

続きを読む