レオス・キャピタルワークスが運用する「ひふみ投信」は、シリーズ(同じマザーファンドに投資する「ひふみプラス」、「ひふみ年金」)で約7400億円の残高となり、アクティブ型の株式ファンドとして日本最大級になった。新たに海外株に投資する「ひふみワールド」を設定する狙いなど、同社代表取締役社長の藤野英人氏に、今後の展望を聞いた。

 

 ――そもそも独立系の運用会社を興した思いは? ・・・・

続きを読む