CRI・ミドルウェア <3698> (東マ)は音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売している。19年9月期は先行投資負担で利益横ばい予想である。第3四半期累計は減益だったが、第4四半期の挽回を期待したい。株価は年初来安値を更新する展開だが、売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。
 
■ミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売
 
 音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を主力として開発・許諾販売している。音声・映像データを圧縮する技術、および優れた再生技術を強みとしている。
 
 18年9月期の事業分野別売上構成比は、ゲーム分野が58%、組み込み分野(遊戯機、家電、業務用機器、車載など)が23%、医療・ヘルスケア分野が7%、新規分野(動画圧縮、Web動画など)が10%、およびウェブテクノロジ(18年5月子会社化)が3%だった。
 
 ゲーム開発者向けミドルウェア「CRIWARE」採用数は、19年6月末時点で累計5000ライセンスを突破した。
 
 圧電素子音声出力技術(CRI特許技術)は、京セラとライオンが共同開発した子供向け仕上げ磨き専用歯ブラシ「Possi」の圧電素子制御アンプとして採用された。また独自のAI技術が第一興商の業務用通信カラオケシステム「LIVE DAM Ai」に採用された。
 
 重点戦略として、スマホゲーム分野は中国におけるブランド認知度向上やシェア拡大を推進するとともに、新規注力分野としてWeb動画、監視カメラ、映像配信、車載分野などへの展開を推進している。
 
 18年3月にはイスラエルのTerafenceと資本・業務提携し、IoTサイバーセキュリティソリューションの海外展開を開始した。19年3月にはGoogleの新世代ゲームプラットフォーム「Stadia」に対応した各種ミドルウェアを提供開始した。19年5月には中国に子会社を設立した。
 
■19年9月期3Q累計減益だが4Qの挽回期待
 
 19年9月期連結業績予想は、売上高が18年9月期比15.8%増の19億円、営業利益が2.1%増の4億10百万円、経常利益が1.5%増の4億20百万円、純利益が2.4%増の2億91百万円としている。スマホ向けが好調に推移し、ウェブテクノロジの通期連結も寄与して2桁増収だが、研究開発体制の整備や中国市場でのシェア獲得など、中期成長に向けた先行投資負担で利益横ばい予想としている。
 
 第3四半期累計は、売上高が前年同期比17.5%増の12億82百万円、営業利益が5.1%減の2億26百万円、経常利益が6.2%減の2億31百万円、純利益が7.0%減の1億57百万円だった。
 
 前期第4四半期から新規連結したウェブテクノロジの寄与や、医療・ヘルスケア分野および新規分野の伸長で2桁増収だったが、国内ゲーム分野の大手顧客向け一括契約が第4四半期にズレ込んだ影響で減益だった。
 
 通期売上高計画はゲーム分野が5.5%増収、組み込み分野が19.0%減収、医療・ヘルスケア分野が77.5%増収、新規分野が25.9%増収、ウェブテクノロジ(通期連結)が4.0倍増収としている。第3四半期累計は減益だったが、第4四半期の挽回を期待したい。またWeb動画や監視カメラ分野などへの事業展開を加速して中期成長も期待したい。
 
■株価は売られ過ぎ感
 
 株価は年初来安値を更新する展開だが、売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。9月20日の終値は1691円、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS59円40銭で算出)は約28倍、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS483円63銭で算出)は約3.5倍、時価総額は約86億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)