CRI・ミドルウェア <3698> (東マ)は音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売している。19年9月期は先行投資負担で利益横ばい予想である。第3四半期累計は減益だったが、第4四半期の挽回を期待したい。株価は年初来安値を更新する展開だが、売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。

  ■ミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売

  ・・・・

続きを読む