FOMCでは予想通り25ベーシスの利下げだったことに加え、日銀も政策据え置きだったことでドル円は小動き。米中通商協議の不透明さから107円84銭まで売られたが、108円台に押し戻され取引を終える。ユーロドルは方向感もなく、1.10台半ばを中心に小動き。

 株式市場はまちまち。前日と正反対に、ダウは52ドル安だったが、ナスダックは8ポイント上昇。債券相場は小幅に続伸。長期金利は1.78%台まで低下。金は3日ぶりに反落。原油価格は反発。

経常収支(4-6月)       → -1282億ドル
9月フィラデルフィア連銀景況指数 → 12.0
新規失業保険申請件数       → 20.8万件
8月景気先行指標総合指数     → 0.0%
8月中古住宅販売件数       → 549万件

ドル/円   107.84 ~ 108.08
ユーロ/ドル 1.1039 ~ 1.1072
ユーロ/円  119.17 ~ 119.56
NYダウ   -52.29 → 27,094.79ドル
GOLD   -9.60  → 1,506.20ドル
WTI    +0.02  → 58.13ドル
米10年国債 -0.012 → 1.784%

本日の注目イベント

日  8月消費者物価指数
独  8月生産者物価指数
欧  ユーロ圏9月消費者信頼感指数(速報値)
米  4-6月期家計純資産
米  ローゼングレン・ボストン連銀総裁講演
加  カナダ7月小売売上高

 昨日の日銀金融政策決定会合では、市場予想通り「政策据え置き」が決定され、その直後からドル円は下落し、107円76銭前後までドル安が進みましたが、直ぐに切り返して108円台に戻っています。これで注目されていた日米欧中銀の金融政策会合が終わりました。FRBとECBは緩和政策に踏み切ったものの、日銀は変更なしで、全て事前予想通りだったことから為替市場では大きな動きが見られませんでした。ユーロがやや水準を切り上げる場面もありましたが、これも元の鞘に収まっています。

 黒田総裁は昨日の会見で、「物価上昇モメンタムが損なわれたと判断したら、ちゅうちょなく行動する」と、これまでの常套句を繰り返していました。会見では記者から、「ちゅうちょなく金融緩和措置を実施すると強調しているのは、オオカミ少年との懸念はないのか?」と質問されると、総裁は笑いながら答えていましたが、日本の景気についても保護主義や貿易摩擦の影響はあるものの、「総じて個人消費を中心に緩やかに拡大していると判断している」としていました。

 本音は、108円台のドル円と2万2千円という日経平均株価の水準を考えたら、ここであえて「追加緩和」のカードを切る必要はないということでしょう。また、日銀が出来る金融緩和の余地も限られているのではないかとの質問に対しては、「ECBに比べれば、余地はある」と答え、「これまで繰り返して述べてきたように、いろいろな方策を組み合わせることで対応できる」と強調していました。

 クドロー米国家経済会議(NEC)委員長はFOXビジネスのインタビューで、昨日から始まった米中次官級協議について、雰囲気は「和らいでいる」と述べ、「話をしないよりは話をする方が良い。話し合いは進んでいる」と発言しました。ただ一方で、ホワイトハウスの顧問を努めるピルズベリー氏は中国紙に対して、トランプ氏は近く中国と合意できなければ関税を「50%か100%まで」引き上げる圧力を強める可能性もあると述べています。(ブルームバーグ)NY市場ではこの情報が配信されると、ドル円が107円84銭前後まで売られる場面もありましたが、動きは一時的でした。

 ドル円は前日108円48銭まで上昇した後、107円台半ば近辺まで売られたことで、短期的な動きを示す「1時間足」では雲を下抜けし、下落を示唆していますが、「日足」では依然として上昇基調を見せています。1.9%まで急騰した米10年債利回りも徐々に低下してきていることから、状況的にはドルが売られてもおかしくはないと見られますが、107円台に入ると常に押し戻される展開が続いています。重要イベントが終わり、やや材料難の感は否めません。107-109円のレンジがしばらく続く可能性はありますが、米中通商協議の行方と、これからの最大の重要イベントである「大統領選」に関する情報が相場にどのように影響を与えてくるのかを見極めて行きたいと思います。

 本日のドル円は107円60銭~108円30銭程度と予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)