ツクルバ <2978> (東マ)は、本年7月31日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は、生活領域における社会課題をコミュニティ型アプローチで解決する、場の発明カンパニーで、2016年度GOOD DESIGN賞、GooglePlayベストオブ2018隠れた名作部門・優秀賞、テクノロジー企業成長率ランキング「日本テクノロジー Fast50」2017年・18年と2年連続で受賞。「場の発明を通じて欲しい未来をつくる」というミッションのもと、建築・不動産・テクノロジーをかけあわせた場のデザインを行っている。
 
 「cowcamo(カウカモ)」事業では、数ある中古・リノベーション住宅の中から理想の「一点もの」との出会いを提供し、あなたらしい暮らしを実現させるためのサービスで、暮らしの妄想から、不動産の購入、その時々の仕立て直し、そして次の住まい手へのバトンパスまで、すべてのプロセスを一貫してサポートしている。
 
 「シェアードワークプレイス事業」では、スタートアップ、個人事業主、クリエイターなどの”チャレンジする人・組織”を主要な顧客としたコワーキングスペース「co-ba(コーバ)」、成長中のスタートアップ向けに企業の成長や変化に合わせて柔軟にオフィススペースをレンタルすることができる「HEYSHA(ヘイシャ)」の2つのサービスを提供している。また、ワークスペースの仲介・設計等の受託サービスも展開している。
 
 9月13日大引け後に7月期決算を発表した。前2019年7月期業績実績は、売上高15億1500万円(前の期比2.9倍)、営業損益1900万円の黒字(同4億8500万円の赤字)、経常損益700万円の黒字(同4億8600万円の赤字)、最終損益1000万円の黒字(同4億0100万円の赤字)に着地。カウカモ事業が全体を牽引し、当初計画を上振れ、カウカモ会員数は10万人を突破し、業績は順調に伸びている。
 
 今20年7月期業績予想は、売上高21億2200万円(前期比40.0%増)を見込む。営業利益以下の各段階利益については黒字を見込んでいるが、機動的な投資判断を実施する観点から、営業利益、経常利益及び当期純利益の具体的な金額の予想は開示していない。
 
 株価は、8月28日につけた上場来高値2427円から9月17日に安値1860円と売られ、12日につけた上場来安値1959円を更新している。今20年7月期業績予想は、売上高が市場観測を下回る見通しで、売り優勢となったが、公開価格2050円を再度下回ったことから、値ごろ感がある。中古住宅流通市場は、首都圏で約1.6兆円(2018年)、全国で4兆円(2010年)に拡大すると試算されており、リノベーション住宅に対する需要は増加し、中長期で収益機会が増える見通し。ここから信用買残が減少し需給が改善され、1900円前後で下値を固めるか注目したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)