ベトナム国家銀行(中央銀行)は12日、主要政策金利の引き下げに関する決定第1870号/Q?-NHNNを発出した。同決定は2019年9月16日に発効する。利下げは2017年10月以来約2年ぶり。

  決定によると、貸付基準利率(リファイナンスレート)、基準割引率(ディスカウントレート)、銀行間電子決済で資金不足が発生した場合、中央銀行がカバーする際に適用される翌日物金利、公開市場操作(OMO)を通じた買戻条件付金利を▲0.25%引き下げる。

  この背景には、連邦準備制度理事会(FED)、欧州中央銀行(ECB)をはじめとする世界で多くの中央銀行が利下げを実施したこと、国内市場ではマクロ経済や外為市場が安定しており、インフレも抑制されていることがある。

◇貸付基準利率(リファイナンスレート):金利年6.0%、引き下げ幅▲0.25%
◇基準割引率(ディスカウントレート):金利年4.0%、引き下げ幅▲0.25%
◇銀行間電子決済で資金不足が発生した場合、中央銀行がカバーする際に適用される翌日物金利:金利年7.0%、引き下げ幅▲0.25%
◇公開市場操作(OMO)を通じた買戻条件付金利:金利年4.5%、引き下げ幅▲0.25%(情報提供:VERAC)