中国の経済成長が鈍化している要因の1つとして、消費が低迷していることがあげられる。特に、自動車販売の不振が目立っている。大和総研経済調査部の主席研究員 齋藤尚登氏は9月6日、「中国:消費ブーム終焉の構造的な要因」と題したレポート(全7ページ)を発表し、中国の消費市場が低迷している理由を考察した。レポートの要旨は以下の通り。

  ◆消費減速の長期化にはいくつかの要因がある。具体的には、(1)・・・・

続きを読む