ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)はこのほど、米運輸省傘下の米連邦航空局(FAA)より航空運送事業許可を取得した。これにより、HVNは米国行き直行便の就航が許可されたベトナムで最初の航空会社となった。

  事業許可書によると、HVNはホーチミン市およびハノイ市からロサンゼルス、サンフランシスコ、ニューヨーク、シアトル、ダラス・フォートワースを結ぶ直行便を就航することが可能となった。さらに、これらの米国の都市からカナダのバンクーバー、モントリオール、トロントを結ぶ路線のほか、台湾や大阪、名古屋を経由する米国行き路線を就航することも認められる。

  HVNは現在、米国への直行便就航の実現に必要となる厳しい基準を満たすべく、関連手続きを進めている段階だ。まずは、ホーチミン~ロサンゼルスの直行便を運航する計画だという。

  これに先立ち、FAAは今年2月中旬、ベトナムが国際民間航空機関(ICAO)の安全基準レベル「カテゴリー1」を満たすと認定。これにより、ベトナムの航空会社各社は米国への直行便就航が可能となり、運航開始に向けてICAOの安全基準レベルに関する事務手続きを残すのみとなっている。(情報提供:VERAC)