交通運輸省はこのほど、同省が投資主となっているハノイ市都市鉄道(メトロ)1号線(ゴックホイ~イエンビエン間)建設案件をハノイ市人民委員会に移管する案をグエン・スアン・フック首相に提出した。

  交通運輸省によると、ハノイ市メトロ1号線は当初、都市鉄道と南北統一鉄道が軌間1000mm(狭軌)の共通線路を利用することが想定されていたため、同省が投資主になっていた。しかし、南北高速鉄道建設計画により将来的に共通線路の利用が困難になるとの見通しになったことや、鉄道法と公的債務管理法の規定によりハノイ市への移管が必要との判断に至ったという。

  メトロ1号線計画は2004年に政府が原則承認し、2008年に第1期計画が承認されたが、これまでに土地収用も終了していない。2012年には第2A期計画が承認されたが、設計コンサルタントの選定入札も実施されていない。

  計画投資省は今年5月に発した同計画に関する文書で、計画の実施遅延により、投資額が当初の9兆1970億VND(約426億円)から81兆5370億VND(約3770億円)に膨らんだと指摘。交通運輸省に対し、遅延原因の明確化と解決策、今後の実施計画を作成し、首相に報告するよう求めていた。(情報提供:VERAC)