韓国の大手量販店がベトナムで積極的な動きを見せている。大手流通業への新規出店規制などで苦戦を強いられている韓国に代わり、海外で利益を確保したい考えだ。

  ディスカウントストア「Eマート(E-MART)」は来年、ホーチミン市に2号店を開設し、2021年までに海外法人に対する投資金額としては最大となる計4600億ウォン(約405億円)を投資すると明らかにした。同社は4-6月期、連結基準で・・・・

続きを読む