トーセ <4728> は、前日21日に9円安の823円と3日ぶりに反落して引けた。日経平均株価が、58円安と3日ぶりに反落し東証第1部の売買代金が、3日連続の1兆6000億円割れと薄商いで様子見ムードを強めるなか、同社株にも目先の利益を確定する売り物が出た。ただ下値は、8月期期末接近とともに年間配当を25円と安定継続していることを手掛かりに高配当利回り買いが続いて限定的となった。業績的にも今2019年8月期業績が増益転換と予想され、次期2020年8月期業績も大型開発受託案件の寄与で続伸が観測されていることが、フォローの材料視されている。
 
■大型プロジェクト案件が2019年8月期・2020年8月期の業績を押し上げ
 
 同社の今8月期業績は、売り上げ53億2700万円(前期比17.9%増)、営業利益2億7100万円(同18.6%増)、経常利益3億3200万円(同24.2%増)、純利益1億9200万円(同2.4%増)と予想され、2期ぶりに増収増益転換する。開発タイトル数では、スマホ向けが12タイトルに増加し、大型プロジェクト案件も、3億円以上の案件が前期の1案件から3案件へ、1億円以上の案件が同7案件から8案件に各増加することなどが要因となる。年間配当は、25円(前期実績25円)と安定継続を予定している。
 
 このスマホ向けの大型案件プロジェクトは、次期2020年8月期業績も押し上げ、東洋経済会社四季報最新号では、次期について売り上げ57億円、営業利益3億円、経常利益3億5000万円、純利益2億円と観測されている。
 
■配当利回りは市場平均を上回ってインカム・ゲイン妙味を示唆し値幅効果も期待
 
 株価は、今年2月に開発を担当したNintendo Switch版「ドラゴンクエスト ライバルズ」の配信が開始されたことをテコに年初来高値1034円まで買われ、今年5月に5G(次世代移動通信システム)関連の開発体制強化を公表したことを受けてストップ高、964円高値まで人気化する場面があったが、再三にわたる世界同時株安の影響で25日移動平均線の800円台を出没する動きが続いた。年間配当利回りは、3.03%と東証第1部全銘柄平均の2.15%を上回りインカム・ゲイン妙味を示唆しており、期末のこの配当権利取りとともに株価の値幅効果も期待され、ストップ高でつけた964円抜けから年初来高値奪回を目指そう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)