バルテス <4442> (東マ)は、5月30日に東京証券取引所マザーズに上場。2004年4月の創業以来、「品質向上のトータルサポート企業」を経営方針に掲げ、ソフトウェアの品質に関わるサービスを提供。ソフトウェアテスト専門会社として、年間1,200件以上(2019年3月期)のプロジェクト実績を誇っている。ソフトウェアテストサービス事業が8割以上を占めているが、近年はモバイル機器の普及に伴い、Web/モバイルアプリ開発サービス、更に、オフショアサービス事業も展開している。
 
 8月9日大引け後に今20年3月期第1四半期決算と第2四半期・通期業績予想の上方修正を発表した。第1四半期売上高は売上高10億5000万円、営業利益500万円、経常利益300万円、最終損益は400万円の赤字に着地。ソフトウェアテストサービス事業で、同社のテストサービスに対する信頼が主に既存顧客との取引拡大に繋がった。
 
 今20年3月期業績予想は、売上高が従来予想の38億8400万円(前期比18.5%増)から44億9600万円(同37.1%増)、営業利益が同2億1700万円(同15.5%増)から2億7700万円(同47.4%増)、経常利益が同2億1800万円(同17.0%増)から2億7700万円(同48.4%増)、純利益が同1億5300万円(同3.5%増)から1億9100万円(同31.3%増)になる見通し。特に既存顧客からの強い引き合いを背景に、売上高が当初の計画を大きく上回って着地しており、第2四半期累計期間以降においても同様の状況が継続する見込み。年間配当予想は、無配を予定している。
 
 株価は、6月4日につけた上場来の高値2250円から8月6日につけた上場来の安値1271円まで調整。8月9日大引け後に今20年3月期第2四半期・通期業績予想の上方修正を発表したことを好感し、16日高値1770円と上昇している。1800円どころには戻り待ちの売りが控えているが、足元の業績は当初計画を上回り好調に推移しており、押し目買い優位に上値を伸ばすと予想する。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)