ドル円は105円台では底堅い動きを見せたものの、上値は依然として重い印象。米長期金利が一段と低下したが、この日のドル円の底値は105円80銭止まり。ユーロドルは小幅に続落し、約2週間ぶりに1.11を割り込み、1.1092まで下落。株式市場は前日の混乱の余波が残り上下を繰り返したが、ダウは99ドル高で引ける。ナスダックは続落し、S&P500は小幅に反発。 債券相場は続伸し、長期金利は3年ぶりに1.5%を・・・・

続きを読む