テモナ <3985> は、サブスクリプションビジネスに特化したEC支援企業で、リピート通販システム「たまごリピート」を主力としている。19年9月期営業増益予想である。第3四半期累計は大幅減益だったが、株価の反応は限定的で底固め完了感を強めている。出直りを期待したい。
 
■リピート通販システム「たまごリピート」が主力
 
 サブスクリプションビジネスに特化したEC支援企業である。リピート通販システム「たまごリピート」「たまごリピートNext」を主力としている。健康食品や化粧品業界を中心にサービスを提供し、システム利用料、手数料、流通額に応じた成果報酬などが収益源となる。
 
 19年4月には「たまごリピートNext」のサービス名称を、BtoC事業者向け「サブスクストア」とBtoB事業者向け「サブスクストアB2B」に変更した。
 
■19年9月期3Q累計大幅減益だが通期営業増益予想据え置き
 
 19年9月期の非連結業績予想は、売上高が18年9月期比36.5%増の17億円、営業利益が5.4%増の3億21百万円、経常利益が6.5%増の3億44百万円、純利益が0.2%減の2億13百万円としている。
 
 第3四半期累計は、3サービス合計の利用アカウント数が前年同期比10.6%増加して19.6%増収だが、開発費や人件費の増加で40.5%営業減益だった。また通期予想に対する進捗率は売上高64.9%、営業利益52.0%と低水準だが、新たなオプションサービスの売上増加や大規模顧客向けカスタマイズ案件の売上計上を見込み、通期予想を据え置いた。
 
■株価は底固め完了
 
 株価(19年4月12日付で東証マザーズから東証1部に市場変更)は、第3四半期累計の大幅減益に対する反応が限定的で、底固め完了感を強めている。出直りを期待したい。8月15日の終値は480円、時価総額は約53億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)