地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下のビンファスト(VinFast)の製造する電動バス「ビンバス(VinBus)」のデザインがこのほど漏洩し、正式発表を前にして既に国民から好評を得ている。

  ビンファストはまだビンバスを正式に発表しておらず、今回漏洩した写真は輸送中に撮影されたものだという。車内にベージュとグレーを配色した座席のほか、路線や広告などを表示すると思われる大型画面を設置している。車体は大部分が強化ガラスでできており、革新的かつ印象的な設計となっている。

  電動バス事業について、VIC子会社「ビンバス・エコロジー輸送サービス(Vinbus Ecology Transport Services)」は2020年3月に、◇ハノイ市、◇ハイフォン市(紅河デルタ地方)、◇ダナン市(南中部沿岸地方)、◇ホーチミン市、◇カントー市(メコンデルタ地方)の5市でサービスを開始し、まずは電動バス3000台を運行する予定。

  利益の全てを再投資に回す非営利事業モデルを採用し、質の向上を図るとともに、サービスエリアを拡大していく。(情報提供:VERAC)