ケンコーマヨネーズ <2915> はマヨネーズ・ドレッシング分野から、タマゴ加工品およびサラダ・総菜分野への事業領域拡大戦略を推進している。20年3月期第1四半期は売上高が横ばいにとどまり、工場新増築に伴う固定費の増加で営業減益だった。通期は操業度上昇や生産性向上などの効果で、固定費増加を吸収する見込みとしている。第2四半期以降の挽回に期待したい。株価は戻り高値圏から反落したが、第1四半期営業減・・・・

続きを読む