105円06銭まで売られたドル円は急反発。トランプ政権が中国に課す関税を巡り、一部品目を12月15日まで延期することを発表したことで、106円98銭までドル高に振れる。ユーロドルはドル円ほどの動意は見せず、引き続き1.12を挟んでもみ合う。株式市場は急反発。米中貿易戦争が緩和されるとの見方に、ダウは一時500ドルを超える上昇を見せ、382ドル高で取引きを終える。アップルなど、中国関連銘柄が上昇を牽引。債券相・・・・

続きを読む