ドル円は米長期金利の急低下と株価の急落でドル売りが強まり、105円50銭までドル安が進む。ただその後は金利と株価が上昇したことで106円26銭前後までドルが反発。ユーロドルも1.1242まで買われた後、1.12を割り込む水準まで反落。株式市場は世界経済の減速懸念から急落したが、その後急反発する。ダウは一時600ドル近く下げたが買い戻しが入り、22ドル安。一方ナスダックとS&P500は小幅ながらプラスで引ける・・・・

続きを読む