全国保証 <7164> は金融機関と提携の住宅ローン向けを主力として信用保証事業を展開している。20年3月期増収増益・増配予想で、第1四半期は2桁営業増益と順調だった。収益拡大を期待したい。株価は年初来高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
 
■信用保証事業を展開
 
 金融機関と提携の住宅ローン向けを主力として信用保証事業を展開している。19年3月末時点の提携金融機関数は750である。18年12月には債権回収会社のYUTORI債権回収を子会社化した。
 
■20年3月期増収増益・増配予想で1Q順調
 
 20年3月期の非連結業績予想は、売上高が19年3月期比3.5%増の447億円、営業利益が2.5%増の351億円、経常利益が2.6%増の361億円、純利益が3.4%増の249億50百万円としている。配当予想は3円増配の年間90円(期末一括)としている。
 
 第1四半期は、売上高が前年同期比7.6%増収、営業利益が10.3%増益だった。営業利益の進捗率は通期予想に対して18.2%だが、第2四半期累計に対して51.2%と順調である。通期は保証債務残高が順調に増加して増収増益・増配予想である。収益拡大を期待したい。
 
■株価は上値試す
 
 株価は年初来高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。8月5日の終値は4170円、時価総額は約2872億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)