7月の雇用統計は良かったものの、米中貿易戦争の行方に対する不安からドル円はさらに下落し、106円51銭を付ける。長期金利が急低下するなど、リスク回避の流れが強まり、円が買われた。ユーロドルもドル安の流れから反発。1.1116までユーロの買い戻しが進む。

 株式市場は続落。米中通商問題が一段とエスカレートしたことが懸念され、S&P500は5日続落し、ダウも4日続落。債券相場は一段と上昇し、・・・・

続きを読む