ドル円は東京時間に109円32銭前後まで上昇したが、トランプ大統領が中国への追加関税第4弾を発動すると発表したことで、107円26銭までドル急落。ユーロドルではややドル安が進み、1.12手前までユーロが買い戻される。ユーロ円は118円台後半まで急落し、2017年4月以来のユーロ安を記録。

 株式市場は大幅に続落。ダウは280ドル下げ、ナスダックも64ポイント安。債券相場は急上昇。長期金利は一時1.87%台まで低下し、2016年以来の低水準に。金は反落。原油価格は貿易戦争による景気の悪化に伴い、原油使用量が減るとの見方から大幅安。前日比4ドル63セン下げ54ドルを割り込む。

新規失業保険申請件数   → 21.5万件
7月ISM製造業景況指数 → 51.2

ドル/円   107.26 ~ 108.93
ユーロ/ドル 1.1027 ~ 1.1096
ユーロ/円  118.91 ~ 120.20
NYダウ   -280.85 → 26,583.42ドル
GOLD   -5.40   → 1,432.40ドル
WTI    -4.63   → 53.95ドル
米10年国債 -0.121  → 1.893%

本日の注目イベント
豪  豪第2四半期生産者物価指数
豪  豪6月小売売上高
日  7月マネタリーベース
日  日銀金融政策決定会合、議事要旨(6月19日、20日分)
欧  ユーロ圏6月小売売上高
欧  ユーロ圏6月生産者物価指数
欧  企業決算 → RBS
米  7月雇用統計
米  6月貿易収支
米  6月耐久財受注
米  7月ミシガン大学消費者マインド(速報値)
米  企業決算 → エクソンモービル
加  カナダ6月貿易収支

 「トランプ・リスク」炸裂です。トランプ大統領は1日、ツイートで9月1日から中国からの輸入品3000億ドル(約32兆2300億円)相当に10%の関税を賦課すると発表しました。突然の発表でした。昨日の朝方のパウエル議長の発言を受け、利下げ観測の後退からドル円は109円まで上昇し、東京時間には109円32銭前後までドル高が進みました。そのドル円は上記発表を受けて、一気に107円台前半まで円高が進んでいます。

 それもそのはず、米長期金利が2%を大きく割り込み、一時は1.87%まで低下し、2016年以来の低水準を記録しています。トランプ氏は、「私はいつでももっと引き上げることができるし、引き下げることもできる」と述べ、25%の関税引き上げの可能性にも言及しています。ただ、25%の関税については「必ずしもそれを目指していない」とも、口にしていますが、中国の習近平主席の貿易戦争解決に向けた動きについては、「率直に言って十分迅速ではない」と語っています。

 正直、このタイミングの追加関税発動には驚きました。休止していた米中通商協議が30日から上海で再開したばかりだったので、特にそう感じます。ただ、次官級協議の進展についての情報が入ってこなかったことから、議論は平行線で終わったのかとは思っていましたが、中国の遅過ぎる対応に、トランプ氏は再び圧力を強めたというのが、その理由かもしれません。今回のこの「寝耳に水」の決定を受けて、各市場も大きく動きました。ドル円は1日で2円以上も円高に振れ、円は主要通貨に対して全面高の様相です。また米債券市場では債券価格が急騰して、長期金利が12bpも低下し、「VIX」指数が急上昇しました。さらに、原油先物市場でもWTI原油価格は4.63ドル下げ、1日で7.9%もの値下がりを記録しています。各市場の混乱ぶりが数字に表れています。

 この欄でも、たびたびドル円の下落リスクを指摘してきました。昨日は「8月は1年で最も円高に振れる月」であることも、経済新聞の記事を引用しながら過去の実数も紹介しました。そして昨日から8月が始まり、同時に円高がスタートしたのは「偶然」にしか過ぎませんが、余りにもタイミングが良過ぎます。今回は、ドル円との相関が高い米長期金利が1.87%台まで低下したことを考えると、「いよいよ円高が始まった」という印象が残ります。とりわけ、109円台前半までドルが買われた直後の107円台への下落は、インパクトもあります。焦点は、直近の最高値である106円78銭前後を割り込むのかどうかです。

 本日は日経平均株価も500円程度下げるかもしれません。雇用統計の結果を受け、ドルが反発するか可能性もありますが、投資家の「ドル戻り売り」の姿勢がさらに強まったのではないかと思います。

 予想レンジは106円50銭~107円70銭といったところでしょうか。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)