ビーアンドピー <7804> (東マ)は、本年7月24日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は、顧客からの受注に基づき、業務用の大判インクジェットプリンターを使用し、プリント・加工・納品までを一貫して行うインクジェット出力事業を行っている。広告代理店、広告制作会社、印刷会社、デザイン会社等から発注される「販売促進用広告物の制作」、及びゲーム機メーカーが取り扱うプリントシール機の外装カーテン、並びにインテリアメーカーやインテリア専門商社が取り扱う内装壁紙や床材等の「生活資材・製品制作」を行っている。商品ラインナップは、店頭用ディスプレイ、店舗案内看板、ビル壁面垂れ幕、商品展示用段ボール什器、のれん・旗・布地の広告物、3Dプリント出力サービス、インテリア壁紙で、大阪・東京・横浜・福岡の都心部にプリンターを設備し、量産案件・緊急案件に対しても短納期を実現する、24時間生産体制で出力サービスを行っている。
 
 今2019年10月期第2四半期においては、平成30年12月に江東事業所をニコール事業部(横浜市神奈川区)の隣接地に移転し、ニコール事業部内に広幅印刷物を専門に扱うワイドフォーマットスタジオを開設。同移転に併せて広幅インクジェットプリンターを最新型へ入替導入しているほか、未開拓営業エリアへの進出を目的に、平成30年11月に池袋営業所、平成31年4月に福岡営業所を開設し、営業体制と制作体制の両方の強化に着手している。
 
 今19年10月期第2四半期業績実績は、売上高15億0500万円、営業利益2億5700万円、経常利益2億5600万円、純利益1億7700万円に着地。
 
 今19年10月期業績予想は、売上高31億5000万円(前期比30.9%増)、営業利益5億5000万円(同0.6%減)、経常利益5億4900万円(同0.8%減)、純利益3億7200万円(同31.5%減)を見込む。上場で調達資金はインクジェット出力機などへの設備投資や新規の拠点設立、ECサイト用のITシステム構築等に充てる計画。年間配当は、期末一括50円継続を予定している。
 
 株価は、上場初日の7月24日に公開価格の2000円を20%上回る2400円で初値つけ、同日高値2600円と買われた後、同31日安値2156円と換金売りに押されている。大判インクジェットプリンターの世界市場は約4000億円で、2022年まで年率3%程度の成長が見込まれているが、日本市場でも2020年の東京五輪、2025年の万国博覧会など、国際イベントが大判インクジェットプリンター市場の活性化の追い風になると期待されている。同社は、全国主要都市に営業拠点を作り、地域密着営業を展開していく計画のほか、成長基盤を一層強化できる企業とのM&A等を計画しており、今後の展開は注目される。今19年10月期は、物流業界の人手不足による物流コストの上昇、同社生産拠点の移転による物流経費の増加、最新鋭のワイドプリンターの導入等で減益となる見通しだが、来20年10月期は投資一巡から増益が観測されている。今期予想PER13倍台、配当利回り2.2%と市場平均並みの水準に届いており、値ごろ感が出つつあるが、下値がどのあたりになるか見極めるところだろう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)