FOMCでは25bpの利下げを決めたものの、その後のパウエル議長の発言がタカ派的だったことでドル円は上昇。109円ちょうどまで買われ、108円70-80銭で取引きを終える。ドルが買われたことでユーロドルは1.11を割り込み、1.1060までユーロ安が進む。株式市場は大幅安。パウエル議長の「利下げサイクルの始まりではない」との発言を嫌気して3指数とも大幅安。ダウは333ドル安。債券相場は続伸。長期金利は2.0・・・・

続きを読む