ヴィッツ <4440> (東マ)は、自動車・産業製品向け制御ソフトウェア受託開発などの組込システム事業を主力としている。19年8月期大幅増益予想である。第3四半期累計の進捗率は概ね順調だった。なお19年9月1日付で株式2分割する。株価は直近安値圏から反発の動きを強めている。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、戻りを試す可能性がありそうだ。
 
■組込システム事業が主力
 
 19年4月東証マザーズに新規上場した。自動車・産業製品向け制御ソフトウェア受託開発などの組込システム事業を主力として、自動車関連シミュレーションなどのシステムズエンジニアリング事業、電子機器装置安全性分析支援などの機能安全開発事業、その他事業も展開している。自動車セキュリティ分野や自動運転センシング分野など車載ソフトウェアを強化している。
 
■19年8月期大幅増益予想で3Q累計順調
 
 19年8月期の連結業績予想は、売上高が18年8月期比6.9%増の25億39百万円、営業利益が30.6%増の2億89百万円、経常利益が19.8%増の2億68百万円、純利益が40.1%増の1億89百万円としている。
 
 第3四半期累計は売上高が17億63百万円、営業利益が2億20百万円で、進捗率は売上高69.4%、営業利益76.1%と概ね順調だった。不採算プロジェクトが第2四半期で終結し、下期は営業損益が大幅改善する見込みだ。通期ベースで収益拡大を期待したい。
 
■株価は反発の動き
 
 株価は直近安値圏から反発の動きを強めている。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、戻りを試す可能性がありそうだ。7月31日の終値は6000円、時価総額は約122億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)