リーガル不動産 <3497> (東マ)は不動産開発・賃貸を主力とする独立系の総合不動産ディベロッパーである。19年7月期増収増益予想である。株価は第3四半期累計の減益を嫌気する形で6月の戻り高値圏から急反落したが、調整一巡して出直りを期待したい。
 
■不動産開発・賃貸が主力の総合不動産ディベロッパー
 
 18年10月東証マザーズに新規上場した。不動産開発・賃貸を主力とする独立系の総合不動産ディベロッパーである。18年7月期の営業利益構成比は、不動産開発のソリューション事業54.5%、自社所有物件の不動産賃貸事業40.2%、その他(不動産コンサルティング事業、介護事業)5.3%だった。
 
 マンション、土地有効活用、中古バリューアップ、オフィスビル・ホテルなど物件ジャンルを問わず、顧客ニーズに適したバリューアップや物件開発を行い、資産価値を高めて売却することを強みとしている。
 
■19年7月期増収増益予想
 
 19年7月期の非連結業績予想は、売上高が18年7月期比31.0%増の252億53百万円、営業利益が11.5%増の21億03百万円、経常利益が9.5%増の9億43百万円、純利益が12.2%増の6億55百万円としている。
 
 第3四半期累計は売上高が前年同期比10.4%増収だが、営業利益が12,5%減益だった。不動産ソリューション事業は3.5%増益と堅調だったが、不動産賃貸事業が7.5%減益、その他事業が前年の大型スポット仲介取引の反動で90.9%減益だった。
 
 第3四半期累計は減益だったが、通期予想に対する進捗率は売上高71.1%、営業利益82.3%と順調である。通期ベースで収益拡大を期待したい。なお19年7月期末から初配当を実施する。株主優待制度も導入した。
 
■株価は調整一巡
 
 株価は第3四半期累計の減益を嫌気して6月14日の戻り高値1628円から急反落したが、6月26日の直近安値1005円から反発の動きを強めている。調整一巡して出直りを期待したい。7月31日の終値は1141円、時価総額は約33億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)