米FOMC発表を控え、ドル円は108円台半ばを中心に小動き。108円46銭まで売られ、やや円が買い戻される場面もあったが、取り引きは閑散。ユーロドルはFOMC前に買い戻しがやや優勢となり、1.1161まで上昇。

 株式市場は揃って下落。トランプ大統領が中国を批判したことで利益確定の売りを誘発。ダウは23ドル安で取引きを終える。債券相場は小幅ながら続伸。長期金利は2.05%台に低下。金と原・・・・

続きを読む