カーリットホールディングス <4275> は、化学品事業、ボトリング事業、産業用部材事業を展開している。20年3月期は、注力分野への積極的な研究開発投資による費用増に加え、産業用部材が半導体市場減速の影響を受けて営業減益予想としている。株価は軟調展開だが、下値固め完了して出直りを期待したい。

  ■化学品、ボトリング、産業用部材を展開

 

 M&・・・・

続きを読む