Link-U <4446> (東マ)は、本年7月18日に東京証券取引所マザーズに上場に上場した。同社は、自社設計のオリジナルサーバーを基軸としたデータ配信システムと、そのデータを適切に蓄積・分析・処理するAIソリューションをあわせて、ワンストップで提供するサーバープラットフォームサービスを展開。主に「電子書籍」や「動画配信」の分野において実績と強みがある。
 
 出版社アプリの中で有数のDAUを誇る小学館のマンガアプリや日本の発売日に世界中で最新『ジャンプ』作品が読める集英社発の海外向けマンガアプリ、累計2,900万ダウンロードを超えるQRコード読み取りアプリ、異世界・転生作品が多数掲載の500万DL超のマンガアプリのサービスを提供している。
 
 2019年7月期第3四半期業績実績は、売上高8億1800万円、営業利益3億7400万円、経常利益3億7400万円、純利益2億6100万円に着地。リカーリングサービスにおいては、「マンガワン」等のレベニューシェア案件及び初期開発・保守開発サービスからのストック型保守運用業務の積み上げに注力。初期開発・保守開発サービスにおいては、ストック型ビジネスであるサーバー保守運用業務を積み重ねるため、新規案件の獲得に尽力しており、大型案件を複数リリースした。
 
 19年7月期業績予想は、売上高10億6800万円(前期比75.1%増)、営業利益3億9400万円(同90.4%増)、経常利益3億7800万円(同79.4%増)、純利益2億6900万円(同80.7%増)を見込む。上場で調達資金は、内部サーバー費用やエンジニアの採用費、教育費、オフィス増床費用などに充てる計画で、年間配当予想は、無配を予定している。
 
 株価は、上場初日の7月18日に公開価格の2820円の2倍相当の5760円で初値をつけ、同19日高値6130円と買われた後、同22日安値4250円と下げて切り返している。BtoB商品のラインナップを増やし、固定収益を積み上げるほか、マンガアプリのグローバル版等海外市場でのビジネス構築、自社メディアの立ち上げに対する期待感があり、高い成長が続く見通しで、20年7月期も2ケタの増益が観測されており、ここから本格的な買いが入るか注目したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)