イトーキ <7972> はオフィス家具の大手である。19年12月期大幅営業・経常増益予想である。首都圏を中心とする大型新築ビルの竣工、働き方改革に関する積極的な投資、オフィス移転需要拡大などを追い風として収益拡大を期待したい。株価は6月安値から反発して戻り歩調だ。出直りを期待したい。
 
■オフィス家具の大手
 
 オフィス家具の大手で、パーティションや物流システムなども展開している。製販一貫体制が特徴である。
 
 18年10月開設した新本社オフィス「ITOKI TOKYO XORK(イトーキ・トウキョウ・ゾーク)」を活用して、ワークスタイルの多様化や働き方改革に対応したオフィス空間の提案を推進している。なお収益はオフィス移転シーズンにあたる上半期偏重の特性がある。
 
 18年12月期のセグメント別売上構成比はオフィス関連事業(事務用デスク・チェア、収納家具など)が52%、設備機器関連事業(パーティション、物流設備機器など)が46%、その他(家庭用家具など)が2%、営業利益構成比はオフィス関連事業が110%、設備機器関連事業が6%、その他がマイナス16%だった。
 
■19年12月大幅営業・経常増益予想
 
 19年12月期連結業績予想は売上高が18年12月期比3.6%増の1230億円、営業利益が60.8%増の31億円、経常利益が26.7%増の30億円、純利益が1.5%減の17億円としている。配当予想は18年12月期と同額の年間13円(期末一括)としている。予想配当性向は34.8%となる。
 
 第1四半期は、売上高が前年同期比4.3%増の338億97百万円、営業利益が10.6%減の20億91百万円、経常利益が11.9%減の20億95百万円、純利益が22.1%減の12億26百万円だった。売上面は堅調だが、18年10月開設した新本社移転関連費用など販管費の増加で減益だった。
 
 オフィス関連事業は売上高が0.5%増の200億20百万円だが、新本社オフィスの家賃負担や新規事業関連の先行投資で営業利益が24.0%減の17億86百万円だった。設備機器関連事業は大型案件も寄与して売上高が11.9%増の130億58百万円と伸長し、営業利益は3億12百万円(前年同期は53百万円の赤字)と黒字化した。その他は売上高が8.8%減の8億18百万円で営業利益が8百万円の赤字(同40百万円の黒字)だった。学習家具が不振だった。
 
 第1四半期は全体として減益だったが、首都圏を中心とする大型新築ビルの竣工、働き方改革に関する積極的な投資、オフィス移転需要拡大などを追い風として、通期ベースで収益拡大を期待したい。
 
■株価は反発の動き
 
 株価は6月安値391円から反発して戻り歩調だ。出直りを期待したい。7月23日の終値は463円、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS37円32銭で算出)は約12倍、今期予想配当利回り(会社予想年間13円で算出)は約2.8%、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS1027円40銭で算出)は約0.5倍、時価総額は約211億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)