リビン・テクノロジーズ <4445> (東マ)は、本年6月28日に東京証券取引所マザーズに上場に上場した。同社は、不動産を売りたい、土地活用したい、賃貸管理会社を探したいなど不動産に関する様々なユーザーニーズに応えるため、不動産プラット事業を行っている。
 
 マッチングサービスでは、不動産売却査定を中心とした成果報酬型メディア「リビンマッチ」と展開している。加盟企業が利用するメリットとして、一般的な広告とは異なり、掲載や出稿に費用は掛からず、問い合わせ件数分だけ費用が発生するため、導入のハードルが低い。また、専門性の高いWEBマーケティングを同社が行うため、加盟企業はネットの知識がなくても安定したネット集客を可能にしている。年間訪問数は1,600万で、全国2,400の加盟店網が、年間9万件のマッチングを実現している。
 
 ブランディングサービスでは、「リビンマッチ」サイトや外部のインターネット広告媒体の広告枠を販売し、不動産会社を対象としたブランドイメージ構築を支援している。「リビンマッチ」は、ブランディング用の特別ページやタイアップ企画用の特別ページ、広告枠等を提供し、不動産会社のブランディングを支援している。リビンMagazine Bizは、累計6,500本以上の記事を配信している「リビンMagazine Biz」でのタイアップ記事広告やバナー広告等のサービスを提供している。
 
 今2019年9月期第2四半期業績予想は、売上高9億2100万円(前の期比1.7%増)、営業利益1億8300万円、経常利益1億9100万円、純利益1億3100万円に着地。
 
 今20年9月期業績予想は、売上高19億1100万円(前期比4.6%増)、営業利益3億2900万円(同34.6%増)、経常利益3億1600万円(同26.2%増)、純利益2億円(同13.7%増)を見込む。上場で調達資金は、広告宣伝費や開発費用、人材確保などに充てる計画で、年間配当予想は、無配を予定している。
 
 株価は、6月28日の上場初日につけた上場来高値9150円から7月19日に上場来安値5210円まで調整。同22日高値5590円と買われ出直る気配を見せている。換金売りに押されていたが、5250円どころで下値を固めた感がある。来20年9月期増収増益が観測されており、8月13日に予定される今20年9月期第3四半期決算が順調に推移していれば、大幅リバウンド相場入りも期待されそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)