極東産機 <6233> (JQ)は、インテリア内装施工機器・工具・副資材や畳製造装置などを展開している。19年9月期は減益予想で再下振れに注意が必要だが、20年9月期の収益改善を期待したい。株価は5月安値で底打ち感を強めている。出直りを期待したい。
 
■インテリア・畳関連を展開
 
 18年9月JASDAQに新規上場した。BtoBのプロフェッショナルセグメント(インテリア内装施工機器・工具・副資材などのインテリア事業、畳製造装置などの畳事業)を主力として、BtoCのコンシューマセグメント(特殊機能畳販売や畳替えサービスなどのコンシューマ事業、ソーラー発電システム販売施工のソーラー・エネルギー事業、売電事業)、およびインダストリーセグメント(産業機器事業、食品機器事業)を展開している。
 
■20年9月期収益改善期待
 
 19年9月期の非連結業績予想(4月26日に下方修正)は、売上高が18年9月期比2.1%増の92億円、営業利益が21.1%減の3億34百万円、経常利益が22.6%減の2億95百万円、そして純利益が35.2%減の1億96百万円としている。プロフェッショナルセグメントにおける買い換え需要低迷などで減益予想である。
 
 第2四半期累計は売上高が42億62百万円、営業利益が81百万円で、通期予想に対する進捗率は低水準だった。通期再下振れに注意が必要だが、20年9月期の収益改善を期待したい。
 
■株価は底打ち感
 
 株価は18年10月高値1597円の3分の1水準となる5月安値514円で底打ち感を強めている。出直りを期待したい。7月19日の終値は624円、時価総額は約34億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)