農業総合研究所 <3541> (東マ)は農家の直売所事業を展開している。特定子会社の清算結了に伴って19年8月期業績予想を下方修正したが、黒字見込みとしている。第3四半期累計は赤字が縮小した。通期ベースで収益改善を期待したい。株価は6月の直近安値から反発の動きを強めている。調整一巡して出直りを期待したい。
 
■農家の直売所事業
 
 農産物委託販売・買取委託販売・卸販売の農家の直売所事業を展開している。物流プラットフォーム(19年8月期第3四半期末時点で全国91拠点の集荷場)とITプラットフォーム(自社開発アプリ「農直」)を活用し、産地の生産者(同登録生産者数8435名)と生活圏のスーパー等(同導入店舗数1389店舗)を結ぶ農産物プラットフォームである。
 
■19年8月期黒字予想
 
 19年8月期連結業績予想(特定子会社世界市場HDの清算結了に伴って7月12日に下方修正)は、売上高が18年8月期比34.2%増の31億円、営業利益が3百万円の黒字(18年8月期は96百万円の赤字)、経常利益が26百万円の黒字(同47百万円の赤字)、純利益が6百万円の黒字(同29百万円の赤字)としている。
 
 第3四半期累計は、売上高が前年同期比548.8%増23億89百万円、営業利益が43百万円の赤字(前年同期は1億06百万円の赤字)だった。物量増で大幅増収となり、出荷手数料改定による売上総利益率改善も寄与して赤字が縮小した。
 
 19年8月期業績予想を下方修正したが黒字見込みとしている。通期ベースで収益改善を期待したい。なお特定子会社の清算結了に伴い、18年9月1日から19年4月30日までは連結決算、19年5月1日から19年8月31日までは非連結決算となる。
 
■株価は調整一巡
 
 株価(19年3月1日付で株式5分割)は6月の直近安値580円から反発の動きを強めている。調整一巡して出直りを期待したい。7月19日の終値は725円、時価総額は約152億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)