ピクスタ <3416> (東マ)は、デジタル素材のオンラインマーケットプレイス「PIXTA」運営を主力としている。19年12月期大幅増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は5月の直近安値から切り返している。調整一巡して出直りを期待したい。
 
■デジタル素材オンラインマーケットプレイス「PIXTA」が主力
 
 インターネット上で写真・イラスト・動画等のデジタル素材を販売するオンラインマーケットプレイス「PIXTA」運営を主力として、クリエイティブ・プラットフォーム事業を展開している。
 
 国内外のクリエイターからクラウドソーシング形式でデジタル素材を収集し、素材を必要とする法人・個人向けに販売する。19年6月末には登録クリエイター会員数が30万人を突破した。
 
 新規事業として、出張撮影プラットフォーム「fotowa」やスマホ写真マーケットプレイス「Snapmart」も展開している。
 
■19年12月期大幅増収増益予想
 
 19年12月期連結業績予想は、売上高が18年12月期比13.2%増の28億46百万円、営業利益が81.1%増の2億円、経常利益が83.1%増の1億95百万円、純利益が5.4倍の1億12百万円としている。
 
 第1四半期は、売上高が11.4%増の6億85百万円、営業利益が79.2%増の65百万円だった。主力の「PIXTA」定額制売上が牽引して大幅増収増益だった。通期ベースでも収益拡大を期待したい。
 
■株価は調整一巡
 
 株価は5月の直近安値1455円から切り返している。調整一巡して出直りを期待したい。7月17日の終値は1640円、時価総額は約37億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)