パウエル議長の議会証言を受け、ドル円は108円35銭まで下落。109円手前まで買われていたドル円は、再び利下げ観測が高まりドルが売られる。ユーロドルは今回も1.12を割り込めずに反発。議会証言を受けてドル売りが活発となり、1.1264までユーロ高が進む。金利低下観測が株価を押し上げ、主要3指数は揃って上昇。ナスダックは60ポイント上昇し、初の8200台乗せ。債券相場は反発。長期金利は2.06%台と小幅に低下・・・・

続きを読む