ドル円は緩やかに上昇し、欧州時間には108円96銭までドル高が進む。過度の利下げ観測の後退と、先週末の雇用統計の結果を引きずり、米長期金利の上昇もドル高をサポート。ユーロドルは再度1.12突破を試みたものの抜けきれず。値幅も14ポイント程度とユーロ安が進む割には小動き。ポンドが急落。「合意なき離脱」を巡る議会の混乱で1.2438前後まで売られ、約半年ぶりの安値を記録。

 株式市場はまちま・・・・

続きを読む