あさくま <7678> (東マ)は、本年6月27日に東京証券取引所JASDAQに上場した。同社は、1962年3月、愛知県愛知郡日進町(現日進市)にステーキレストラン1号店となる「ドライバーズコーナー・キッチンあさくま」をオープンして以来、顧客に「お値打ちな商品、感じの良いサービス、楽しく快適な空間を楽しんでいただくこと」を理念としたステーキレストランの老舗として経営を続けている。
 
 その後、愛知県名古屋市内及び近郊を中心に、駐車場を完備したロードサイドに「ステーキのあさくま」の名称でレストランを出店し、業容を拡大。2019年6月27日現在、同社の店舗数は直営店61店舗及びFC加盟店6店舗の計67店舗、4業態を運営する連結子会社の株式会社あさくまサクセッションは直営店20店舗、同社グループ全体では計87店舗を展開している。
 
 今2020年3月期は、同社9店舗、子会社1店舗、計10店舗の直営店出店と、子会社の直営店2店舗の退店を計画しているため、20年3月期末現在の店舗数は、同社が直営店69店舗及びFC加盟店7店舗の計76店舗、連結子会社の株式会社あさくまサクセッションが直営店19店舗、同社グループ全体が計95店舗(FC加盟店を含む)となる見通し。
 
 足元の業績は、前19年3月期業績実績が、売上高94億4700万円(前の期比0.1%増)、営業利益6億3500万円(同24.7%減)、経常利益6億7900万円(同22.3%減)、純利益4億0100万円(同18.7%減)に着地。
 
 今20年3月期業績予想は、売上高100億6300万円(前期比6.5%増)、営業利益8億3700万円(同31.7%増)、経常利益8億6100万円(同26.8%増)、純利益5億3500万円(同33.4%増)を見込む。上場で調達した資金は、新規出店関連の設備投資に充てる計画。年間配当は、20円(第2四半期末10円、期末10円)を予定している。
 
 株価は、上場初日の6月27日に公開価格1250円を46.7%上回る1834円で初値をつけ、同日高値1930円と買い進まれた後、換金売りに同28日安値1562円と売られた後、底堅い動きとなっている。7月下旬に今20年3月期第1四半期決算の発表が予定されているが、第1四半期業績が計画通り順調に推移していれば、十分買い直される余地はあり、ここからの押し目に注目したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)