オンラインゲーム会社の家郷互動科技(03798)が4日、香港メインボードに上場した。公募価格1.35香港ドルに対し、初値は2.2香港ドルで公募価格を62.96%上回った。初値が公募価格を60%以上上回ったのは、今年のメインボード上場銘柄で最高のパフォーマンス(GEMでは、5月2日上場の連成科技が約74%上回って上場した)。
 
 同社は、モバイルカードとボードゲームの開発および運営会社。特に、長い歴史のある古典的なゲームであるローカライズされた麻雀とポーカーに注力している。オンラインのローカライズカードおよびボードゲーム会社の中で、中国国内第1位のシェアを持っている。
 
 2018年12月期の売上高は4.40億人民元(前期比67.92%増)、税前利益は2.53億人民元(同63.66%増)。家郷互動科技(03798)が4日、香港メインボードに上場した。公募価格1.35香港ドルに対し、初値は2.2香港ドルで公募価格を62.96%上回った。