NATTY SWANKY <7674> (東マ)は、餃子を軸にした居酒屋「肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場」をチェーン展開している。19年6月期大幅増収増益予想である。株価は5月安値から急反発している。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、3月高値を目指す可能性もありそうだ。
 
■居酒屋「肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場」をチェーン展開
 
 19年3月東証マザーズに新規上場した。餃子を軸にした居酒屋「肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場」を関東圏中心にチェーン展開している。18年12月末時点の店舗数は直営47店舗、FC19店舗、合計66店舗である。
 
■19年6月期大幅増収増益予想
 
 19年6月期の非連結業績予想は、売上高が18年6月期比36.2%増の40億02百万円、営業利益が2.0倍の3億39百万円、経常利益が2.0倍の3億20百万円、純利益が2.1倍の2億32百万円としている。既存店の好調や新規出店の効果で大幅増益予想である。期末店舗数の計画は直営55店舗、FC22店舗、合計77店舗である。
 
 第3四半期累計の進捗率は売上高70.7%、営業利益56.6%とやや低水準だったが、通期ベースで収益拡大を期待したい。
 
■株価はIPO後の落ち着きどころを探る段階
 
 株価は5月の安値2500円から急反発している。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、3月の高値3960円を目指す可能性もありそうだ。7月2日の終値は3225円、時価総額は約68億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)