東名 <4439> (東マ)は、中小企業向け光回線サービスのオフィス光119事業を主力としている。19年8月期大幅営業・経常増益予想である。株価は安値圏だが、IPO後の落ち着きどころを探る段階だろう。
 
■中小企業向け光回線サービスが柱
 
 19年4月東証マザーズに新規上場した。中小企業向け光回線サービスのオフィス光119事業を主力として、電力小売取次サービスのオフィスでんき119や情報端末機器販売などのオフィスソリューション事業、来店型保険ショップ運営のファイナンシャル・プランニング事業も展開している。クロスセル展開を推進している。
 
■19年8月期大幅営業・経常増益予想
 
 19年8月期連結業績予想は、売上高が18年9月期比8.8%増の107億64百万円、営業利益が52.7%増の5億35百万円、経常利益が26.9%増の5億29百万円、純利益が19.6%減の4億64百万円としている。税金費用の増加で最終減益だが、オフィス光119やオフィスでんき119の契約数が順調に増加して大幅営業・経常増益予想である。
 
 第2四半期累計は前年同期比12.4%増収、89.8%営業増益、68.0%経常増益で、通期予想に対する進捗率は売上高49.5%、営業利益56.3%、経常利益63.2%と順調だった。通期も収益拡大を期待したい。
 
■株価はIPO後の落ち着きどころを探る段階
 
 株価は安値圏だが、IPO後の落ち着きどころを探る段階だろう。7月2日の終値は2930円、時価総額は約70億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)