NATTY SWANKY <7674> (東マ)は、本年3月28日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は、「街に永く愛される粋で鯔背な店づくり」の理念のもと、期待以上が当り前、それが我等の心意気という気持ちでいい店作りに没頭している。餃子に特化し、独自製法による同店でしか食べられない肉汁餃子「肉汁餃子製作所ダンダダン酒場」の単一ブランドを関東圏中心に展開している。
 
 「肉汁餃子 製作所ダンダダン酒場」の強みは、看板商品である「肉汁焼き餃子」が、全席注文率100%で、年間約1,600万個(2018年6月実績)を販売する不動のベストセラー商品で、老若男女を問わず幅広い年齢層を顧客に取り込んでいる。未経験者が2週間でキッチン業務を習得する職人要らずのオペレーションを実現し、春・夏・秋・冬と季節によって売上の変動が少なく年間を通した予算の計画を立てることを可能にしているほか、イートインとテイクアウトの売上構成によって、住宅街のファミリー層のニーズも捉えていることも強みとなっている。
 
 前2019年6月期第3四半期の出店は、直営店9店舗及びFC店2店舗の新規出店を行い、前19年6月期第3四半期業績実績は、売上高28億2800万円、営業利益1億9200万円、経常利益1億7600万円、純利益1億2300万円に着地。
 
 前19年6月期業績予想は、売上高40億0200万円(前期比36.2%増)、営業利益3億3900万円(同2.0倍)、経常利益3億2000万円(同2.0倍)、純利益2億3200万円(同2.1倍)を見込む。年間配当予想は、期末一括15円(普通配当10円、記念配当5円)を予定している。また、6月30日現在の株主名簿に記載された株主を対象として株主優待制度を開始。保有期間・保有株式数にかかわらず1単元(100株)以上の同社株式を保有する株主を対象として、同社が運営するダンダダン酒場の「餃子一皿引換券(税込500円相当)」6枚を進呈する予定。
 
 株価は、3月28日につけた上場来高値3960円から5月17日につけた上場来安値2500円まで調整を挟んで7月1日高値3245円と上昇している。25日移動平均線がサポートする形で、権利落ちに伴う処分売りを吸収し、上値追い姿勢を強めつつある。1都3県の首都圏は直営店を中心に、地方はFC店を中心に展開しているが、経営効率を高めながら、出店を加速する計画で、今20年6月期2ケタ増収増益が観測されており、押し目優位に上値を試すと予想する。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)