フレアス <7062> (東マ)は医療保険適用マッサージ事業を主力としている。20年3月期増収増益予想である。株価は6月安値から反発して底打ち感だが、IPO後の落ち着きどころを探る段階だろう。
 
■医療保険適用マッサージ事業が主力
 
 19年3月東証マザーズに新規上場した。在宅医療サポート企業として、あん摩マッサージ指圧師によるマッサージ事業を展開している。その他事業として訪問看護事業も展開している。
 
 マッサージ事業は、医療保険適用マッサージサービスを主力として、星野リゾートと業務提携したリラクゼーション目的の保険適用外マッサージサービスや保険適用外SPA(スパ)サービスも提供している。19年3月期末の事業所数(FC9ヶ所、保険適用外・SPA13ヶ所を除く)は87ヶ所である。
 
■20年3月期増収増益予想
 
 20年3月期の非連結業績予想は、売上高が19年3月期比13.0%増の41億92百万円、営業利益が5.4%増の2億91百万円、経常利益が6.5%増の3億33百万円、純利益が5.8%増の1億86百万円としている。
 
 既存事業所の成長、大阪エリア進出を含む4事業所の新設などで増収、あん摩マッサージ指圧師増員に伴う人件費・採用費増加を吸収して増益予想である。収益拡大を期待したい。
 
■株価はIPO後の落ち着きどころを探る段階
 
 株価は6月安値1845円から反発して底打ち感だが、IPO後の落ち着きどころを探る段階だろう。7月1日の終値は2364円、時価総額は約55億円である。 (情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)