JPモルガン・アセット・マネジメントの「企業年金運用動向調査」の最新版がまとまり、企業年金の運用に大きな変化が起きていることが明確になった。同調査をまとめている同社グローバル運用商品部インベストメント・スペシャリストの國京彬氏(写真)は、「企業年金運用は、過去5年前と比較できないほどにポートフォリオ改革に取り組み、株式等の大幅下落など市況変動への耐性はついてきている。ただ、世界的な低金利によって債券の果たせ・・・・

続きを読む