gooddaysホールディングス <4437> (東マ)は、SEサービスビジネスなどのITセグメントと、リノベーションビジネスなどの暮らしTechセグメントを展開している。20年3月期大幅増収増益予想である。株価はIPO後の落ち着きどころを探る段階だが、概ね底値圏だろう。
 
■ITセグメントと暮らしTechセグメントを展開
 
 19年3月東証マザーズに新規上場した。子会社オープンリソースのITセグメント(SEサービスビジネス、請負ビジネス、物販ビジネス)と、子会社ハプティックおよびグッドルームの暮らしTechセグメント(リノベーションビジネス、不動産仲介・オペレーションビジネス、メディアビジネス)を展開している。
 
 19年3月期の売上構成比はIT62%、暮らしTech38%、営業利益構成比(連結調整前)はIT79%、暮らしTech21%である。
 
■20年3月期大幅増収増益予想
 
 20年3月期連結業績予想は、売上高が19年3月期比20.2%増の60億円、営業利益が19.3%増の3億70百万円、経常利益が22.8%増の3億69百万円、純利益が20.8%増の2億39百万円としている。
 
 ITセグメントでは流通小売向けや金融機関向けの需要、暮らしTechセグメントでは賃貸住宅リノベーションの需要が高水準に推移する見込みだ。収益拡大を期待したい。
 
■株価は底値圏
 
 株価はIPO後の落ち着きどころを探る段階だが、3月27日高値5680円からほぼ3分の2水準となる3500円近辺まで調整して、概ね底値圏だろう。反発を期待したい。6月28日の終値は3560円、時価総額は約59億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)