識学 <7049> (東マ)は、独自組織運営理論「識学」による組織コンサルティング事業を展開している。20年2月期大幅増収増益予想である。株価は5月高値から急反落した。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、一方では下値を切り上げている。戻りを試す可能性もありそうだ。
 
■独自組織運営理論「識学」による組織コンサルティング事業
 
 19年2月東証マザーズに新規上場した。独自組織運営理論「識学」による組織コンサルティング事業(マネジメントコンサルティングサービス、プラットフォームサービス)を展開している。「識学」とは、誤解や錯覚を排除し、認識共通化や言動改善を通じて、人々の生産性向上を実現するメソッドとしている。
 
■20年2月期大幅増収増益予想
 
 20年2月期の非連結業績予想は、売上高が19年2月期比32.2%増の16億55百万円、営業利益が13.3%増の2億80百万円、経常利益が19.3%増の2億79百万円、純利益が19.1%増の1億93百万円としている。
 
 組織の生産性向上を図る市場ニーズを背景に、マネジメントコンサルティングサービスを強化する。収益率改善に向けた開発内製化など先行投資負担を吸収して大幅増収増益見込みである。収益拡大を期待したい。
 
■株価は下値切り上げ
 
 株価は5月30日高値2500円から急反落した。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、一方では下値を切り上げている。戻りを試す可能性もありそうだ。6月28日の終値は1801円、時価総額は約135億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)