ホーチミン市タンフー区でイオンのベトナム1号店として2014年1月に開店した「イオンモール・タンフーセラドン」は、増床を実施し、6月28日にリニューアルオープンする。

  今回のリニューアルでは、「Bigger Scale, Bigger Value」をコンセプトに、敷地面積を2倍、駐車場を4倍にし、専門店を80店舗プラスした。高品質の商品やサービスの提供に加え、新しいコンセプトの商品や専門店も導入する。

  増床リニューアルにより、「イオンモール・タンフーセラドン」の専門店は200店、敷地面積は約7万m2、延べ床面積は約11万6000m2、総賃貸面積は約8万4000m2、駐車場はバイク1万台・自動車2000台となる。

  日本ブランドやオーガニック商品をはじめとする多様な化粧品やヘルスケア用品を揃えた複合店舗「グラムビューティーク」、ペット用品やトリミングサービスを扱う「ペテモ」、ホーチミン市内最大級の広さを誇るフードコート「フードマーケット」などが特徴となっている。(情報提供:VERAC)