インフォネット <4444> (東マ)は、本年6月25日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は、主に自社開発のWEBサイトコンテンツ管理システム「infoCMS」を活用したWEBサイト構築および構築後のサーバ・システム運用保守などのアフターサポートまでを一貫したWEB受託開発・ASPサービスを提供している。その他クラウドホスティングサービス、WEB広告サービス、WEBシステム開発サービス、カタログ・パンフレットデザインサービスなど、企業の広報マーケティング支援を目的とした事業展開を行っている。
 
 同社は、WEB制作・システム開発という主事業において、企画・コンサルティングからデザイン、プログラミング、さらには自社サーバによるインフラから、サポートまで、ワンストップでソリューションを提供できることを最大の強みとしている。
 
 今2020年3月期第2四半期業績予想は、売上高2億6900万円、営業損益6700万円の赤字、経常損益6700万円の赤字、最終損益4700万円の赤字を見込む。営業人員の増員に伴う人件費の増加等の固定費の増加を計画しているため、赤字になる見通し。
 
 今20年3月期業績予想は、売上高9億6800万円(前期比14.6%増)、営業利益1億9000万円(同15.6%増)、経常利益1億9300万円(同12.9%増)、純利益1億3300万円(同22.0%増)を見込む。上場で調達資金は、事業拡大のための採用費や人件費増、オフィス増床などに充てる計画で、年間配当予想は、無配を予定している。
 
 株価は、上場初日の6月25日に公開価格1490円の2.3倍に相当する3430円で初値をつけ、同日高値3835円と買い進まれた後、換金売りに下げている。既存のCMS事業の拡大とともに、AI(人工知能)を活用したチャットボット製品の販売によるシナジーの創出や個別IoTプラットフォームの受託開発など新たなWEBマーケティング分野へ事業を拡大することへの期待感も高まり、好人気となった反動が出ている。例年、顧客の納期希望が集中する第3四半期以降に売上が偏重する傾向があり、通期業績予想は達成できる見通しだが、ここからどこが下値になるか見極め、リバウンド狙いのタイミングを計るところだろう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)