アルテリア・ネットワークス <4423> は、通信・インターネットサービスを法人向けおよびマンション向けに展開している。20年3月期2桁増益予想である。好業績を期待したい。株価は5月の直近安値圏から反発している。戻りを試す展開を期待したい。
 
■各種通信・インターネットサービスを展開
 
 18年12月東証1部に新規上場した。丸紅 <8002> 系で、自社保有光ファイバ網を活用した各種通信・インターネットサービスを、法人向けおよびマンション向けに展開している。マンション向けの一括提供型インターネット接続サービスは首位である。5G向け超高速回線サービスを強化する。
 
 なお子会社TNCにおける独金法問題については、第三者委員会の調査結果および提言(6月19日調査報告書受領)を真摯に受け止め、再発防止策を策定するとしている。
 
■20年3月期2桁増益予想
 
 20年3月期連結業績(IFRS)予想は、売上高が19年3月期比3.2%増の507億78百万円、営業利益が13.8%増の83億72百万円、親会社所有者帰属当期利益が12.0%増の51億19百万円としている。
 
 売上面では法人向けおよびマンション向けとも順調な成長率を維持し、利益面ではIPO関連の一過性費用の剥落も寄与して2桁増益予想としている。好業績を期待したい。
 
■株価は戻り試す
 
 株価は18年12月の上場来安値982円を割り込まず、5月の直近安値997円から反発している。戻りを試す展開を期待したい。6月21日の終値は1230円、今期予想連結PERは約12倍、時価総額は約615億円である。 (情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)