カーリットホールディングス <4275> は、化学品事業、ボトリング事業、産業用部材事業を展開している。19年3月期は2桁営業増益だったが、20年3月期は積極的な研究開発費の増加により営業減益予想としている。これを嫌気する形で株価は安値圏だが、売り一巡して反発を期待したい。

  ■化学品、ボトリング、産業用部材を展開

 

 M&Aを積極活用して規・・・・

続きを読む